セックス依存症になりやすい女性の特長について

今回は、セックス依存症になりやすい女性の特長について解説していきたいと思います。

 

女性の方は自分がセックス依存症になりやすくないか?

 

そして男性の方はセックス依存症の女性を見つける事が出来たらセフレにする事が出来るかもしれません!

 

色々気になる人も多いと思いますので是非最後まで読んで下さい。

セックス依存症とは?!

まず、セックス依存症について解説していきます。

 

セックス依存症とは、実は正式な病名とされていません。

 

性依存症の事をセックス依存症と言う人が多いので、セックス依存症という言葉が広まったという事になります。

 

一般的には、普段普通にセックスする事だけでは満足できずに異常な回数のセックスをしてしまう人の事を言います。

 

ですので、不特定多数と関係を持つのはもちろん、セックスの最中でしか幸福感や生きている感じがしないという人も多く、自分の生きている価値を確かめる為にセックスをするようです。

 

最近ですと、お笑い芸人の渡部健さんがセックス依存症なのでは?と言われています。

 

有名人の中でもアメリカのクリントン元大統領やタイガーウッズも言われていました。

 

皆さん、男性ですが、今回はセックス依存症になりやすい女性について詳しく解説していきたいと思います。

セックス依存症になる原因について

セックス依存症になる原因については様々ですが、自分に欠けている欲望をセックスを通して満たそうとしている人が多いです。

 

セックス依存症になる要因ですが、やはり自分にマイナスのイメージを持っている事なのですが、そのマイナスイメージを持つきっかけとなる事は下記のような事が原因と言われています。

原因
  • 親子関係にある
  • 幼少期の頃の経験が関係している

親子関係にある

原因は親子関係にあるとも言われています。

 

親からの愛情を感じられずに育てられた場合、大人になっても『自分を愛して欲しい』という欲望が収まらず、親以外の人に求めるので体の関係となり、セックスを通して愛されているという実感をして心を満たしているようです。

 

充分な愛情を感じずに育ってしまった場合の人がセックス依存症に陥りやすい傾向にあります。

 

また、親も愛情を込めて育てていると思っても子供がそうは思っていないパターンもありますので要注意です。

 

何でも先に親がしてしまうような、何でも与える甘やかして育てるケースもそうです。

 

子どもが本当に愛情を感じているのか考え直す必要があると思います。

幼少期の頃の経験が関係してくる

上記でも解説した内容もそうなんですが、幼少期の頃の経験も大きく影響します。

 

幼少期の頃に親によって虐待・性的虐待を受けた経験のある人はセックス依存症になりやすいです。

 

性的虐待を受けた事で忘れ去りたいセックスとして頭に焼き付いています。

 

その最悪なセックスを中和させる意味で数多くセックスして忘れたい、もしくはセックス経験の中の割合を減らしたいと考えています。

 

闇を持った人がセックス依存症になりやすい傾向にあると言えます。

セックス依存症になりやすい女性の特長

次にセックス依存症になりやすい女性の特長について解説していきます。

 

あなたの周りにもあてはまる人はいるでしょうか。

 

セックス大好き男子には狙い目になってきますね。

特長
  • 寂しがり屋
  • 出会い系サイトに登録している
  • モテたい願望が強い
  • 承認欲求が強い!

寂しがり屋

寂しがり屋の女子はセックス依存症になりやすいです。

 

上記でも解説したように、子どもの頃に両親から愛情を受けて育ててもらえなかった人は寂しがりな性格になりやすく、孤独を苦手とします。

 

今まで受けていなかった愛情を求めるようになり、異性へその感情を欲する事でセックスを繰り返してしまうのが多いと言われています。

 

セックスをする事でパートナーから愛されていると思い込んでしまうのです。

出会い系サイトに登録している

出会い系サイトに登録している人もセックス依存症の人がいます。

 

出会い系サイトは割り切った関係のパートナー探しに最適です。

 

特に女性の場合は自分からナンパする事に抵抗がある人が多いので、簡単にセックスパートナーを見つけられる出会い系サイトを使う事が多いのです。

 

逆転の発想ですが、セフレを見つけたい男性は街で女の子をナンパするより、出会い系サイトを使ってセフレを見つけ出す方が簡単ですので、オススメですね。

モテたい願望が強い

モテたい願望が強い女の子もセックス依存症の人が多いです。

 

モテたい願望が強いので、自分でも努力をする人が多いです。

 

ですので、スタイルのいい体と上手な化粧をしているので普通にモテる人が多いです。

 

ですが、普通にモテるだけでは欲求が満たされません。

 

複数の男性と関係を持ち、セックスの最中も自分の魅力的な身体に溺れている男性を見て欲求を解消しています。

 

自分をもっと見てもらいたいと思う事も多いみたいです。

承認欲求が強い!

承認欲求が強い!とはSNSなどでたくさん投稿をして、いっぱいイイネをもらいたい人をいいます。

 

そんな人もセックス依存症になりやすい特徴です。

 

上記でも解説したように、自分をもっとみんなに見てもらいたいと思うと同時にみんなにかまって欲しいと思うのです。

 

かまってちゃんがそうですね。

 

セックス依存症は孤独を苦手としますので、常にだれかに相手をして欲しいと思うので承認欲求が強いと言えるのです。

男性の場合は注意が必要

男性の場合は注意が必要となります。

 

セックス依存症の人はオナニーでは欲求を解消できないのです。

 

ただ性欲を満たすだけではなく、孤独感や他者からの愛情を求めるので、オナニーでは満足できないという事です。

 

セックスをするにはパートナーが必要となります。

 

そのパートナー探しでも注意が必要という事ですね。下記より詳しく解説いたします。

セックス欲を満たすのにお金がかかる

男性はまず、セックスしたいと思うと風俗に通うというのがセオリーですね。

 

この場合、元々いるセフレや彼女は対象外とさせていただきます。

 

セックス依存症の欲求を満たすほどの回数を風俗に行くと多額の資金が必要となります。

 

風俗に行く事で不特定多数の嬢と色々なプレイが楽しめるので、内容としては満たされるかもしれませんが、普通の人なら資金がショートしてしまいます。

 

ですので、今からオススメするコスパのいいセックスについて解説していきます。

出会い系サイトがおすすめ

セックスパートナーと巡り合うためには出会い系サイトがおすすめです。

 

上記でも解説したように女性でも同じ境遇の人がいます。

 

そんな女性のセックス依存症の人とマッチングすればお互いにウィンウィンになれますね。

 

出会い系サイトを活用する事で風俗通いから脱却できるかもしれません。

コスパが良くセックスする事が出来る

出会い系サイトでセフレを見つけてみましょう。

 

セックス依存症の人と関係を持つものいいですが、普通にセフレを探している女性を複数ゲットする事もできます。

 

出会い系サイトでは登録やポイントで初期投資が必要ですが、風俗を1回我慢するくらいです。

 

それくらいの投資でセフレ7と出会えるならコスパは抜群にいいと言えるでしょう。

 

普段、普通に生活していてセフレに出会える事なんて無いに等しいです。

 

割り切ったセフレという関係を持ってる人は出会い系で見つけたという人が多数です。

 

出会い系サイトを活用する事でコスパ良く欲望を解消できると言えるでしょう。

セックス依存症になりやすい女性のまとめ

今回は、セックス依存症になりやすい女性の特長について紹介してきました。

  • セックス依存症とは?!
  • セックス依存症になりやすい女性の特長
  • 男性がセックス依存症の場合
  • セックス相手を効率良く見つける方法

上記について解説してきました。

 

セックス依存症になると、自分の意志では我慢出来ない位セックスがしたくなります。

 

もし本当に悩んでる人は病院でカウンセリングを受ける事をおすすめします。