裏風俗の闇?立ちんぼの実態!10都市の相場や場所など徹底調査!

今回は、立ちんぼについて調査していきたいと思います。

 

最近では、立ちんぼというワード自体中々聞く事も減ってきてるのではないでしょうか?

 

数年前は立ちんぼと言えば・・・という人も多かったと思いますが最近の若い世代の人の中には、立ちんぼが何なのか分からない人もいると思います。

 

この記事では、立ちんぼの実態とどの辺に出没するか詳しく調査していきます。

立ちんぼとは!?

立ちんぼとは、街中に立っている女性とお金のやり取りをして性行為を行う事をさします。

 

これは、売春行為などになるので最悪現行犯で逮捕される可能性もあります。

 

ですが、メリットなども存在するのでその辺も詳しく解説していきたいと思います。

立ちんぼとの性行為でのメリット

立ちんぼと性行為する時のメリットについてですが、格安でSEXなどを行う事が出来ます。

 

デリヘルやソープなどの場合は、店舗側に売り上げを持っていかれるので女性の給料は男性が支払った金額よりも受け取る額が少なくなります。

 

ですが立ちんぼの場合は、男性が支払った金額を全て受け取る事が出来るので風俗などを利用するよりも安く性行為を行う事が出来ます。

安い金額で性行為を行う事が出来る

立ちんぼの場合は個人で活動してる事がほとんどなので男性は風俗などよりも安い金額でSEXを行う事が出来る!

そして、金額次第では

  • フェラのみ
  • ゴムありSEX
  • ゴム無しSEX

などを行う事が出来るのも立ちんぼのメリットと言えます。

 

個人対個人の交渉になってくるので金額次第では・・・という事もありえます。

立ちんぼとの性行為でのデメリット

次に立ちんぼのデメリットについても触れていきたいと思います。

 

記事の冒頭でも言ったように立ちんぼは、売春行為にあたるので逮捕される可能性があります。

 

これはリスクが高いと言えます!

売春行為は違法

売春行為は違法なので逮捕の可能性がある!

もう1つは金額次第ではゴムなしでのSEXを行う事が出来る場合もあります。

 

ですので性病に感染するリスクがあります。

 

性病に感染してしまうと病院に行き治療する必要があり時間とお金がかかってしまいます。

 

性病に感染するだけならまだ良いのですが、結婚してる人の場合などパートナーに移してしまうと大変な事になってしまいます。

立ちんぼの相場について

それでは、立ちんぼの相場についても紹介していきたいと思います。

 

全国的に見て多少の差はありますが、10,000円~15,000円でゴムありのSEXが相場になっています。

 

そして20,000円~25,000円でゴムなしのSEXをOKする場合が多いです。

各都道府県の立ちんぼスポット

それでは、各都道府県別の立ちんぼがいると噂されている目撃スポットについて紹介していきたいと思います。

 

今は、SNSや出会い系サイトそしてマッチングアプリが増えた事で立ちんぼの数も減ってきてると思いますが完全にいなくなったわけではありません。

東京都

日本の首都、東京での立ちんぼスポットです。

歌舞伎町ハイジア裏

東京都健康プラザハイジアの裏が立ちんぼスポットとして有名です。

 

昼間は人通りは少ないのですが夜になると、立ちんぼ達が集まってきます。

 

年齢層に関しては、若い女性から年配の女性まで様々で若い女性の場合は家で少女などが多いようです。

池袋西口&北口

池袋西口と北口も立ちんぼスポットとしても有名です。

 

この地域では比較的若い女性が多く中には援デリグループに所属してるケースもあるみたいです。

 

完全な素人狙いの人には微妙かもしれません。

 

デリヘル譲が立ちんぼをしてるという場合、相手はプロになるので違うスポットで探す方が良いかもしれません。

町田 田んぼ

町田は、西の歌舞伎町と言われるような場所でラブホ街もあり立ちんぼを見つけたらすぐにホテルに行く事が出来ます。

 

この辺の立ちんぼはアジア系の外国人が多く日本人狙いの人にはおすすめ出来ません!

 

そして、あくまで私個人の意見なのですが外国人の場合は性病などを持ってる可能性が高いイメージがあるので注意も必要です。

関西

それでは、関西の立ちんぼスポットについて紹介していきます。

梅田・梅田の泉

和泉の広場を上がった14番出口周辺も立ちんぼスポットとして有名で最近では、少なくなってきましたが以前は立ちんぼも多くすぐに確認する事が出来ていました。

 

最近はネットの普及により立ちんぼ達もネットなどで客を探してる傾向にあります。

難波 文楽劇場

難波の日本橋方面にある文楽劇場周辺も立ちんぼスポットとして有名です。

 

ここでは40代前後の立ちんぼ女性が多いイメージがあります。

 

そして日本人よりも中国系の女性が多いです。

北海道

次に北海道での立ちんぼスポットについても紹介していきたいと思います。

すすきの

すすきのと言えば、北海道最大の歓楽街で勿論立ちんぼも存在します。

 

どのような場所で立ちんぼと遭遇する事が出来るかと言いますと、ラブホ街などで立ちんぼなどはいるみたいで、目を合わせる事で向こうから声をかけてきます。

 

ですが、すすきのの立ちんぼの年齢層は高く若い女性に期待する事は出来ません。

愛知県

次に愛知県での立ちんぼスポットについて紹介していきたいと思います。

名古屋 納屋橋

名古屋駅から徒歩5分前後の距離にある場所なんですが、名古屋では有名な立ちんぼスポットとして有名です。

 

ホテル街なので立ちんぼを見つける事も比較的簡単かと思います。

 

ですが立ちんぼ女性の年齢層なんですが、比較的年齢を重ねてる人が多い印象です。

 

若い女性には期待する事が出来ないです。

立ちんぼが減った理由

立ちんぼスポットについて紹介してきましたが、やはり立ちんぼは確実に数を減らしています。

 

その理由は、いくつかあると思いますが下記のような事が原因ではないかと思います。

規制やパトロールが厳しくなった

これは全国的に見て同じなんですが、規制や警察のパトロールが厳しくなって立ちんぼが活動出来なくなった事が関係してると思います。

 

更に街自体も昔に比べると綺麗になっていく中で立ちんぼ達も活動しずらくなった事が考えれます。

 

立ちんぼ自体違法な事をしているので逆に考えると街は平和になってきてると言えます。

出会い系やマッチングアプリに流れた

立ちんぼ達もネットの普及でSNSや出会い系サイトそしてマッチングアプリに流れた事が考えられます。

 

というよりもほぼ確実に流れていってると思います。

 

出会い系サイトでは、普通の素人とは別に援デリ業者のような人達も存在します。

 

これはグループで活動してる人達であったり、個人で活動してる人も存在します。

 

このような人達が過去の立ちんぼ達ではないかと思われます。

立ちんぼの実態のまとめ

今回は、立ちんぼの実態について調べてきました。

 

この記事では

  • 立ちんぼの実態
  • SEXする時の相場
  • 立ちんぼのいるエリア
  • 立ちんぼが減った理由

について紹介してきました。

 

立ちんぼの数は減ってきていますが出会い系などに流れてる傾向が強く、立ちんぼがいなくなったわけではありません。

 

ですが立ちんぼ女性と性行為する事は売春行為にあたるので逮捕の可能性がある事をしっかりと頭に入れておきて下さい。